2017年06月18日

紫陽花切手いろいろ。


今日は一日梅雨らしい雨模様。
いろいろ出ている紫陽花切手の中から、
手元にあるものをいくつか。

紫陽花切手

これが一番好き
左上の郵便マークも良い感じにはまっています。
見た事ないなと思ったら、シート売りされていたみたい。
シートって一枚にすると印象がガラッと変わったりするから・・・
「民営会社発足記念」

紫陽花切手

こちらは「YOKOSO! JAPAN WEEKS」
2010年に訪日外国人旅行者を1,000万人にすることを目標に、官民一体となって取り組んでいる「ビジット・ジャパン・キャンペーン」の中核事業の一つとして、国内外において集中的に行うキャンペーン
の切手だそうです・・・。

紫陽花切手

記念印とともに。
じゃっかんわかり辛いけど、消印も紫陽花

紫陽花切手

紫陽花が大きくて花瓶が倒れないか心配

紫陽花切手

紫陽花切手

この紫陽花が一番実家にあった紫陽花っぽい
梅雨のじめじめ感が伝わってくる。カタツムリとか出てきそう。

同じ紫陽花でも時代や表現方法によってずいぶん違うものですね。



どこの国の切手かすぐわかって楽しみながら知識も増える。
ビジュアル世界切手国名事典。
  



↓ランキングに参加してみましたコインと同じカテゴリなので切手の応援お願いします
posted by kipu at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

金沢中央郵便局のオブジェのような巨大ポスト


真脇の旧郵便局を堪能した後、
いそいそと金沢へ戻り金沢中央郵便局へ。

金沢中央郵便局のポスト

こちらのポストが

金沢中央郵便局のポスト

これ。
巨大すぎる・・・。高すぎる・・・。

金沢中央郵便局のポスト

ポスト投函部
いかつい・・・。
龍のお腹のように、ポストが蛇腹になっています。

金沢中央郵便局のポスト

上は完全にオブジェ
ベルギーのゲント1郵便局と金沢中央郵便局が
国際姉妹郵便局になったのを記念して設置されたようです。

金沢中央郵便局のポスト

こんな目立つポスト、ためらいはなかったのかしら・・・
っていうかデザインは誰・・・

金沢中央郵便局のポスト

金沢中央郵便局のポスト

何気に?郵便バイク。
全国各地にちらばるおもしろポストの中でも、
インパクトでいうと上位を占めるのではないでしょうか・・・




どこの国の切手かすぐわかって楽しみながら知識も増える。
ビジュアル世界切手国名事典。
  



↓ランキングに参加してみましたコインと同じカテゴリなので切手の応援お願いします
posted by kipu at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りポスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

旧真脇郵便局と、宇出津ののと鉄道能登線跡・・・


さて、三波簡易郵便局前からバスに乗り、能登半島のさらに奥へ。
宇出津(うしつ)で次なるバスに乗り換え。
乗換にまた1時間弱・・・

旧真脇郵便局

宇出津にも、のと鉄道能登線跡が残されていました。
わりと本格的な残し方。

旧真脇郵便局

トンネルもそのままだけど、レールがない。
通り抜けできるのかな・・・

旧真脇郵便局

そして、宇出津からさらにバスにゆられ、目的地の真脇に到着。
こちらも目の前が海。
奥能登は鉄道が通ってないしバスもあまり来ないので、時間との闘い・・・。

真脇での滞在時間、6分。

もう、ダッシュです。ダッシュ。
6分後のバスを逃すと、その後の予定が数時間単位でずれていく・・・

旧真脇郵便局

まずバス停の目の前に、現役の真脇郵便局発見。(第一関門突破!笑)
こげ茶色で風情ある!周りの家にしっかり溶け込んでいます。

旧真脇郵便局

私のイメージでは奥能登ってもっと寂れたイメージがあったのですが、
ちょっと違うんですよね・・・。

郵便局もセンス良い。

旧真壁郵便局

田舎のポストって風雨にさらされ埃まみれなイメージですが、
これまた綺麗。観光客?向けのアピールステッカーも。
縄文真脇遺跡があるそうです。
まぁ滞在時間6分なので行ってみる暇はありませんが 笑

旧真脇郵便局

そして第二関門、旧真脇郵便局も発見!

真脇郵便局

わりと綺麗に保存されていました。
改装したらいい雰囲気のカフェや雑貨店などに活用できそうですが・・・
やはり、肝心の人がいないのかな・・・?

奥能登って金沢から随分と離れたところにあるし、能登線の廃線もあって、
寂れたところなのだろうなと想像していたら、
ちゃんと手入れが行き届いた町だったので驚きでした。
そうそう、麻子さんが東京を離れる行先が「奥能登の小さな旅館」という設定なのも、
奥能登が、一度行ったらなかなか気軽には戻れない遠い場所・・・
というイメージからきてるのかなと思うのですが

確かに、輪島まで足を延ばすのはちょっとキツイ・・・。

旧真壁郵便局

こちらは帰りに撮った宇出津の町並み

旧真壁郵便局

看板も凝った造りでオシャレ。

旧真壁郵便局

丸ポスト
全体的に良い雰囲気の観光地といった風情。
でも、いわゆる観光客向けのアレコレ(施設やお土産屋さん)が、ない

2005年の能登線廃線から十数年、何がどう変わったのか、はたまた変わってないのか・・・
ふらっと訪れた私には知りようもない、穏やかな海と町並みが広がる能登半島でした。

能登半島



どこの国の切手かすぐわかって楽しみながら知識も増える。
ビジュアル世界切手国名事典。
  



↓ランキングに参加してみましたコインと同じカテゴリなので切手の応援お願いします
posted by kipu at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り郵便局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

三波簡易郵便局と、のと鉄道能登線跡、旧三波小学校学びやの跡


石川の旅、まだまだアップできていない事があるのですが先延ばししていて
もう数か月・・・
例の鉄道郵便車がある能登中島駅の管轄局である中島郵便局長さんにコメントをいただき、そうそう。続きを書かなきゃと再奮起し、石川の旅日記を続けます。

三波

のと七尾線の終着駅、穴水からバスで1時間弱揺られたところにある三波簡易郵便局
「ふるさと 心の風景第4集《春の風景》」に描かれている例の郵便局です。
残念ながら切手は持っていないので画像ナシ・・・。

三波

となりのトトロに出てきそうな建物
蔵を移築して昭和24年に開局した?とどこかに情報があったので、
建物はもっと古いのでしょうね。

三波

三波

海の目の前なので、潮風にさらされ傷みも早そう。
でもそれが味わい深い。

三波

ところで・・・。
能登の旅でなかなかに曲者なのが、交通手段。
特に穴水から北は、バス1時間に1本とか。そんな感じ。
三波で下車すると、ロスタイムが40分なり50分なり発生します。
そして、三波徒歩圏内にはお店らしいお店はなかったです・・・。
いえ、良い感じのパン屋さんがあってイートインできるとの情報を入手していたので、
そこで美味しいものをいただことウキウキしていたら、なんと・・・

三波

あり得ないタイミングで閉まっていました・・・。
研修・・・研修って・・・
旅にトラブルはつきものなので、事前におにぎりを持って行っていた私ってえらい・・・。
何せコンビニも何もないので・・・。

三波

これが、三波簡易郵便局の目と鼻の先にある(閉まっていた)パン屋さん、「能登パン」
どこでお昼のおにぎり食べようかな〜時間はたっぷりある。
という事で、郵便局の背後の崖の上に残っている旧三波小学校へ。

三波

こ、この階段を毎日上がって登校していたんだな・・・

三波

三波

かつての学び舎。
わぁ〜人がいなくなった建物って静けさが漂って寂しげ・・・。
ここでおにぎり食べるのもなんだかなぁと思いつつ、ムシャムシャ・・・。

お腹いっぱいになったところで、三波簡易郵便局のすぐ後ろを走っていた
のと鉄道能登線の痕跡を辿ってみる事に。

三波

廃線後も残る看板。

三波

かつての踏切跡

三波

ホーム。駅舎が残っていました

三波

入ってみると、なんとここにきて人の痕跡がっ

三波

なんか・・・頑張ってる。
廃校を見て、廃線を見て、長い時間かけてここに来て、
じんわりと何かが心に沁みた瞬間でした。

三波

しかもノートの履歴を見ると、意外と間をおかず書き込みがある。
青春18きっぷが使い辛いからやだなぁと旅行前は思っていたけれど、
来てよかったなぁ・・・。
ふと、故郷愛媛を思い浮かべる。

三波

道路に沿って左側に続いている道がかつての、のと鉄道能登線。
レールは取り外されていました。

三波

三波簡易郵便局は切手にもなっていますが、もうひとつ、
民営化の象徴としての顔もあります。
郵政民営化の際、民営化の象徴のひとつとしてテレビCMやポスターに起用されたのだそうです。

のと鉄道能登線が全線廃止になったのが2005年、
本格的な撤去が始まったのが2006年、
三波小学校の廃校が2006年、
2007年には郵政民営化。

時代の波を感じる。

でも大切な事って、こういうところに残っていくんだろうなー。
きっと。




どこの国の切手かすぐわかって楽しみながら知識も増える。
ビジュアル世界切手国名事典。
  



↓ランキングに参加してみましたコインと同じカテゴリなので切手の応援お願いします
posted by kipu at 14:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り郵便局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

川越今福郵便局の芋ほり風景印と、おもてなしの花切手


先日いただいたお手紙から。

川越今福郵便局

川越今福郵便局風景印
図案は、芋掘り観光、中福の馬頭観音、時の鐘。
右の時の鐘と左のさつまいもの蔓がさり気なく飛び出ていたり、
手前にゴロンと大きな芋が転がっていて「川越今福」と書かれてあるのが良い感じ

川越今福郵便局

川越がさつま芋名物というのは知っていたけど、芋ほり観光なんてあるんですね。
実家の庭に植えて毎年収穫していたのを思い出すなぁ・・・。
掘りたての芋を庭のたき火で焼き芋にして食べていました。
今となっては芋も植えていないし、たき火は市内で禁止されたようで・・・残念。

川越今福郵便局

そしてバラひまわりの切手。
おもてなしの花シリーズ第8集のものですが、

川越今福郵便局

なぜバラとひまわりだけ一緒にしたんだろう・・・
バラ・・・ひまわり・・・。
定番の組み合わせ、でもないかな
季節的にはバラがそろそろ終わりの時期で、ひまわりは8月くらい。
まぁいまどき花は年中咲いているので、固い事言いっこなし!
でしょう




どこの国の切手かすぐわかって楽しみながら知識も増える。
ビジュアル世界切手国名事典。
  



↓ランキングに参加してみましたコインと同じカテゴリなので切手の応援お願いします
posted by kipu at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 風景印・記念印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする