2016年02月14日

スタンプマガジン3月号。なんでも鑑定団の切手鑑定士、高橋さん


スタンプマガジン3月号到着。

スタンプマガジン

夫宛てに届くのですが、
何だかんだ私も楽しみ。

スタンプマガジン

ミュシャの切手がステキ

今月の特集は、宝切手鑑定士・高橋宣雄さんの新刊について。
なんでも鑑定団に出ている方です。
なんでも鑑定団は、司会者騒動でわりとタイムリー?
もっとも、その騒動には触れられていないと思いますが 笑

スタンプマガジン

ちょっと垣間見ただけで、その時代の熱量が伝わってくるような、
まさに疾風人生。面白そう。

それにしても最近のテレビって内輪もめがそのまま表面化して
視聴者に伝わっちゃうパターンが多い気がします。
SMAPにしてもなんでも鑑定団にしても。ベッキー・・・はちょっと違うか・・・?

どちらが正しいとかは置いてといて、
それを視聴者に感じさせちゃダメなような・・・。
視聴者不在のテレビ放送って何なんだろう。意味あるのかな。
テレビに限らず、すべての業界において言えること。

内じゃなく、外向いて。

そんなことを考えさせられたスタンプマガジンでした ←嘘。普通に楽しい記事ばかりです 笑




どこの国の切手かすぐわかって楽しみながら知識も増える。
ビジュアル世界切手国名事典。
  



↓ランキングに参加してみましたコインと同じカテゴリなので切手の応援お願いします


posted by kipu at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り切手本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。