2016年07月31日

文房具好きにはたまらない!ふみの日切手


先日発売された、
ふみの日切手が貼られた手紙が届きました。

ふみの日の文房具切手

な・ん・て 可愛い
この味わいは・・・

ふみの日の文房具切手

ふみの日の文房具切手

やっぱり、切手デザイナーは星山理科さん。ですよね。
ここ何年かふみの日と言えば星山さんが担当されているので、来年も期待っ

※ふみの日は毎月23(ふみ)日ですが、7月は文(ふみ)月という事で、
文月ふみの日にちなんで毎年7月23日に「ふみの日にちなむ郵便切手」が発行されています。

ちょっとギザギザになった線や、
封筒にうまい具合に「日本郵便」「82 NIPPON」
と配置しているのが、
ぐっときます。

星山さんのデザイン(アイデア)は、
小学生の頃夢中になったシール集めや交換日記、
芯が減るのが嫌でなかなか使えなかった色鉛筆、
勢いよく塗っていたらコキッと折れたクレヨン・・・
そんなささやかであったかい記憶がふっと思い出される
優しいものばかりなので大好きです




どこの国の切手かすぐわかって楽しみながら知識も増える。
ビジュアル世界切手国名事典。
  



↓ランキングに参加してみましたコインと同じカテゴリなので切手の応援お願いします


posted by kipu at 14:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り切手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シート状態で見るよりも茶封筒に貼られている方がググッと魅力的ですね!
さすがです。
Posted by ピノ助 at 2016年08月01日 09:37
そうですね(^^
ギザギザした線で描いているのが、
封筒のザラザラ感とピッタリです!
封筒の素材と合わせるのも面白いですね。
Posted by kipu(管理人) at 2016年08月05日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。