2014年09月04日

実は切手女子も見逃せない切手本。3巻出揃いました!


切手女子におススメな切手本

実は、切手女子にこそおススメしたい、切手本。
この9月1日にようやく3巻が出て、全世界網羅完結です。
どっぷり切手収集をされている、いわゆる『郵趣家』な皆さんは、
この本の使い方や楽しみ方がよ〜くわかっていると思うので、そこはスルー!

切手女子に、なぜおススメなのか?

…かわいい切手、綺麗な切手を買い求めに、切手市場や切手のイベントに行くとします。
そんな時、外国切手がごそっと入った段ボールの中から、
お気に入りの一枚を探し出したりしませんか?
一枚10円や20円の外国切手。

段ボールの中からとびきりかわいい切手を見つけた時、嬉しくって、

『どこの国の切手かしら…』

と思いますよね。

…でも、結構わからない時、ありませんか?

日本語なら多少古い切手でも『大日本帝国郵便』と右から左読みに書いていても
『あ、これは日本切手だ』ってわかりますが、外国切手はなかなかそうはいきません。

昔の切手であれば、そもそも現在の国名と違う場合も多々。
英語を表記する義理(笑?)もないので自国の言葉のみで表記されている場合も

そうですね。たとえば…

こんな切手を見つけたとします。

切手女子におススメな切手本

『EIRE…?』

この切手は絵柄でピンとくる方もいるかもしれませんが、
国名も読めず、絵柄にも特徴がない場合は、わからず仕舞いで切手箱やアルバムに閉まう事になります。

かわいくて眺めて楽しむだけ… それも良いけど…

『かわいい!どこの切手?』 『○○○○国!』

『よし。じゃあ切手屋でこの国の切手見せてもらおう
『よし。じゃあこの国の切手を入れるアルバムを作ろう
『よし。じゃあ友達にもおススメしよう!


ってなると、わくわくしませんか?
たかが国名。されど、国名。
国名がわかると、一枚の切手が多くの事を語りだします。
かわいいけどかわいいだけじゃない。
綺麗だけど綺麗なだけじゃない。

その切手の物語を知る事ができます。


さてさて、ではせっかくなのでこの切手の国名を調べてみましょう。

デザインからすると、ヨーロッパかな?
では、『ビジュアル世界切手国名事典―ヨーロッパ・アメリカ編』
のページ後ろの「さくいん」を開きます。
デザインではピンと来ない場合は1、2、3巻全部チェックしてみるといいですね

『EIRE…』

切手女子におススメな切手本

『あった!アイルランド!』

これだけで、とりあえず国名がわかりました。
ではついでに48ページを開いてみると…

切手女子におススメな切手本

EIREはアイルランド語である事や、アイルランドの場所や国旗、
大きな歴史の流れや過去どんな国名で切手を出していたかがわかります。


どうでしょう。

身元不明だった一枚の切手が、自分の国を語りだす瞬間。
きっとそれまで以上にその切手がかわいく・綺麗に、気高く感じるのではないでしょうか。
ちょっと別の集め方をするきっかけになるかもしれません。

切手女子におススメな切手本

そしてそして、今まで何となくわからないままにしていた
切手専門用語のちょっとしたコラム等も載っているので、
切手業界がもっと身近なものになるかもしれませんよ

切手屋さんに行っても専門用語の説明なんてしていない方が普通ですもんね…(遠い目)

まずはお手元の外国切手さん達の出身国がわかるかどうか、そこからですね


↓本はこちらから購入可能です

切手女子におススメな切手本
ビジュアル世界切手国名事典―ヨーロッパ・アメリカ編


切手女子におススメな切手本
ビジュアル世界切手国名事典 アジア・オセアニア編


切手女子におススメな切手本
ビジュアル世界切手国名事典―中東・アフリカ編




↓ランキングに参加してみましたさて、私の順位やいかに?


posted by kipu at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り切手本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

『切手帖とピンセット』〜 1960年代グラフィック切手蒐集の愉しみ〜


切手帖とピンセット

お気に入り本

『切手帖とピンセット』 1960年代グラフィック切手蒐集の愉しみ

これは、かわいい切手や美しい切手が好きな
切手女子のハートを見事に射抜く本であり、
切手収集家の夫も、これはいい本だと太鼓判を押す本。

初心者、専門家の双方を満足させる切手本って、なかなかないと思います。

切手帖とピンセット

ビジュアルだけでも大満足
でも実は書いている内容もしっかりがっつり。

切手帖とピンセット

切手カタログのように、専門家しか使わないような事柄の紹介も、
切手女子にとっては何だか格好いいものに見えてくるので不思議。

そんなわけで、この本はうちの本棚にちょこんと立っています。
たまに手に取ってページを開くだけでも癒されますよ〜


↓アマゾンで購入可能です




↓ランキングに参加してみましたさて、私の順位やいかに?
posted by kipu at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り切手本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。